スゴイ速報!

Just another WordPress site

未分類

知ってた?日本も参戦のU-20W杯、「超大物の息子」が出場するぞ

知ってた?日本も参戦のU-20W杯、「超大物の息子」が出場するぞ

 

育成の名門として知られるソショーの下部組織で育成された選手。189cmという豊かな体格を持ったストライカーである。

そう、名前からも想像できる通り彼はあの元フランス代表DFリリアン・テュラムの息子なのだ。

まだソショーのトップチームでは得点を取れていないのだが、ユース代表では各年代で招集を受け、中心的な存在になってきた。

今回のチームでもサブ的な扱いではあるが、アラン・サン=マクシマンらがクラブチームを優先して合流を遅らせているため、序盤で出場機会を得られると予想される。

オマル・カラバリ(エクアドル)

チリの名門クラブであるコロ・コロに所属しているゴールキーパー、オマル・カラバリ。ユース年代では常に招集を受けてきたエリートである。

その父親はかつてエクアドル代表としてプレーしていたDFウィルソン・カラバリである。

また、弟のウィルソン・カラバリ・フニオールもコロ・コロのユースに所属しており、まさにサッカー一家と言った感じだ。

イウリ・リベイロ(ポルトガル)

イウリ・リベイロ(ポルトガル) U-20ワールドカップ

ベンフィカのBチームでプレーしている左サイドバックのイウリ・リベイロ。テクニックやクロスの精度を武器としているポルトガルらしいディフェンダーだ。

彼の父親もゴールキーパーとしてプレーしたプロ選手だったそうだが、兄のロメウ・リベイロもポルトガルリーグに所属するMFである。

兄はベンフィカでプレーした後マリティモ、ペナフィエウ、アカデミコ・ヴィゼウなどに所属したボランチだ。

ニコラス・デ・ラ・クルス(ウルグアイ)

日本代表と戦うことが決まっているウルグアイにも、親族が有名選手という人物がいる。それが、いまリーベルプール(ウルグアイの方)に所属するニコラス・デ・ラ・クルス。

彼の異母兄弟は、ウルグアイ代表として2015年、2016年のコパ・アメリカに連続で出場した名MFカルロス・サンチェスだ。

2015年には南米最優秀選手にも輝いた玄人好みの彼も、同じくリーベルプールの出身。ニコラス・デ・ラ・クルスもその後を追えるだろうか?

ジョナサン・クリンスマン(アメリカ)

ジョナサン・クリンスマン(アメリカ) U-20ワールドカップ

そして、親族が最も有名といえばテュラムか彼だろう。アメリカ代表に入っているGKのジョナサン・クリンスマンは、もちろんあの元ドイツ代表FWユルゲン・クリンスマンの息子だ。

引退後にアメリカへと移住した父の下で生まれ、現在はあの名門カリフォルニア大学バークレー校のサッカー部でプレーしている。

3月にはなんとエヴァートンやシュトゥットガルトのトライアルを受けたこともあり、大きな期待を集めている選手だ。近いうちに欧州へと進出するかもしれない。

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/13093463/

-未分類