スゴイ速報!

Just another WordPress site

未分類

わかりやすく解説 九州 因縁のライバルチーム!【アビスパ福岡 サガン鳥栖の関係】

わかりやすく解説 九州 因縁のライバルチーム!【アビスパ福岡 サガン鳥栖の関係】

アビスパ福岡

サガン鳥栖

両チームの関係

ご存知の方も多いかと思いますが、「バトル・オブ・九州」を語る上で欠かせないのが、サガン鳥栖とアビスパ福岡のダービーマッチです。

これには両クラブの歴史的な背景が関与しています。

「野球は福岡、サッカーは鳥栖」という暗黙の了解を受け、九州からプロサッカークラブを育てようと、鳥栖でPJMフューチャーズがスタートしました。しかし、その半年後に福岡市が静岡県から藤枝ブルックスを誘致し、同じ地域に、しかも電車で30分ほどの近隣にサッカークラブが誕生してしまったんです。その後、福岡ブルックスからアビスパ福岡となってJ1に昇格し、安定したクラブ経営や集客力で順調なスタートを見せました。一方、その余波を受けた鳥栖は、経営難からチーム存続の危機に追い込まれてしまった。そういった経緯もあり、サポーターの中に福岡に対しての“怨念”にも似たライバル意識が芽生えたのだと思います。

サポーターは選手以上に福岡とのダービーマッチを意識していると思います。鳥栖のホームゲームでは、福岡サポーターが鳥栖駅からスタジアムの途中にある陸橋で、「サガン鳥栖は弱い」と歌いながら歩いてくる。向こうの横断幕でうちのマスコットのウイントスが焼き鳥にされたり、釜ゆでにされていたり……。あれはチームにとっても、サポーターにとっても本当に屈辱的でした。ただ、今はダービーで結果を出しているので、「ユーモア」として捉えられるようになりましたけどね(笑)。

同じ1勝でも、福岡からの勝利は大きな意味を持ちます。

アビスパ福岡×サガン鳥栖の本拠地

アビスパ福岡(アビスパふくおか、Avispa Fukuoka)は、福岡県福岡市にホームを置く[1]、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

サガン鳥栖(サガンとす、Sagan Tosu)は、日本の佐賀県鳥栖市にホームを置く、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

サガン鳥栖のホームタウン鳥栖市と、アビスパ福岡のホームタウン福岡市は、特急電車なら15~20分分程度の比較的近距離。

小郡市、久留米市、佐賀県鳥栖市、基山町で構成する「筑後川流域クロスロード協議会」では、平成24年8月9日、クロスロード地域がひとつになり共に発展するために、Jリーグサガン鳥栖を応援する「サガン鳥栖応援宣言」をベストアメニティスタジアムにおいて行いました。

小郡市や久留米市は、福岡県だが、鳥栖市と隣接しているため、サガン鳥栖を応援している。

両チームの歴史

【アビスパ福岡】
1996年 - 1998年(Jリーグ)
1999年 - 2001年(J1)
2002年 - 2005年(J2)
2006年(J1)
2007年 - 2010年(J2)
2011年(J1)
2012年 ~(J2)

【サガン鳥栖】
1997年 - 2011年 (J2)
2012年 -~(J1)

サガン鳥栖になる前は、PJMフューチャーズ、鳥栖フューチャーズ

通算対戦成績【J2】

サガン鳥栖
8勝6分14負

得点35失点51

アビスパが勝っています。

サポーター同士の因縁の対決!

アビスパ福岡との因縁

サガン鳥栖とアビスパ福岡の因縁はJFLでそれぞれ鳥栖フューチャーズ、福岡ブルックスの時代からあった。1995年にブルックスが福岡に移籍すると、鳥栖フューチャーズの主力選手をごそっと抜きだされ、1995年に先にJリーグに昇格され、鳥栖フューチャーズは1996年にPJMが撤退して解散となったことがある。『サガン鳥栖』誕生後、福岡と対戦する場合は福岡サポーターから「田舎でもサガン鳥栖は弱い」、「飛ばない奴はサガン鳥栖」と言われる始末だった。尤も、J2では順位が鳥栖と福岡で逆転した年が2度ほどあり、2011年には鳥栖がJ1昇格し、福岡がJ2に降格したため、遂にカテゴリでも逆転することとなった。サポーター同士でも小競り合いが起き、2007年には福岡サポーターが鳥栖勝利の際に鳥栖駅を占拠して問題となった。なお、サガン鳥栖のアンチテーマは福岡サポーター(ウルトラオブリなど)以外にもFC東京や浦和レッズなどで歌われている。

アビスパファンによる「飛ばない奴はサガン鳥栖♪」

相手が鳥栖でなくても・・・

おまけ  アビスパだけでなく、J1の他チームのサポーターもこのチャントを歌っています。

復興支援マッチも行われました

-未分類

ページ: 1 2 3