スゴイ速報!

Just another WordPress site

未分類

【閲覧注意】AKB48がちょっと怖くなる6つの都市伝説

【閲覧注意】AKB48がちょっと怖くなる6つの都市伝説

akb48 都市伝説

 

「オタク」と呼ばれる層にアプローチを仕掛け、記録にも記憶にも残るアイドルとして君臨しているのが「AKB48」ですね。

 

数々のミリオンセラーを連発するところに、AKB48の戦略や人気の高さが伺えます。

 

そんなAKB48には、多くの都市伝説が存在しているのですが、ご存知ですか?

 

これら6つの都市伝説がどうして有名になったのか、次から詳しく見ていきましょう。

 

  1. 10年桜は死後のストーリーを表現している?
  2. 10年桜のPVに幽霊が映ってる
  3. メンバーが1人増えているときがある
  4. 「彩」が付くメンバーに起きる不幸
  5. メンバーにまつわる不思議な噂
  6. 総選挙26位メンバーには不幸が起きる

 

1:10年桜は死後のストーリーを表現している?

 

akb48 都市伝説

 

AKB48を一躍人気にした代表曲として挙げられる、「10年桜」には怖い都市伝説が販売と同時に噂されています。

 

歌詞や曲ではなく、10年桜のPVが「死後のストーリーではないか?」と言われているのです。

 

10年桜のPVはバスがメインとなるストーリーで、4分経過した頃に「おもちゃ」のバスが走るシーンに変わります。

 

本物のバスはカーブをきちんと曲がれたのに対し、おもちゃのバスはカーブを曲がり切れず右方向へ進んでいくのです。

 

 

そのおもちゃのバスには赤い星が浮かんでいるところから、カーブを曲がり切れずにそのまま転落したのではないかと考えられています。

 

またPVでは高橋みなみが残したとされる手紙が出てくるのですが、これがまるで遺書のような内容になっていると話題です。

 

「最後まで気遣ってくれて」などのフレーズが、遺書のように見えませんか?

 

卒業がテーマの歌にしては残した手紙の内容が重いことから、「遺書」という考えが浮上したんですね。

 

 

2:10年桜のPVに幽霊が映ってる

 

akb48 都市伝説

 

10年桜のPVに関する都市伝説の2番目として、「PVに幽霊が映っている」というものがあります。

 

PVが始まってから3分が経過したあたりで、メンバーが校舎の前で踊っているのですが、その校舎の1階部分にぼんやりとした白い影が映り込んでいるのだとか。

 

 

 

うっすらではありますが、「女性のようにも見える」と言われており、ヤバい映像としてファンの間で有名です。

 

霊感が強い人が視聴すると気持ち悪くなったり、頭痛がヒドくなるといった症状が出るようでタダゴトではなさそう。

 

白い影は見える人と見えない人がいるみたいで、その点もリアリティがありますよね。

 

 

3:メンバーが1人増えているときがある

 

akb48 都市伝説

 

今は大きく異なっていますが、結成当初からしばらくの間はAKB48の名称の通り、48人のアイドルで結成されていました。

 

48人しかいないのに、時折1人増えているようでファンの人がその異変に気付いたのがキッカケとのこと。

 

メンバーは誰一人として増えているなんて思ってもいないようで、ファンからの指摘により気付いたほど。

 

メンバーが49人になるときは限定されているようで、メンバー全員で写る記念撮影などにしか発生しないようです。

 

49人目らしき人物を目撃したメンバーは、どうやらその人に見覚えがあるよう。

 

というのも、AKB48オーディションに最終選考まで残ったものの、交通事故で死亡した少女にソックリなのだとか。

 

 

4:「彩」が付くメンバーに起きる不幸

 

akb48 都市伝説

 

AKB48のファンだけでなくメンバーの間でも知られている都市伝説に、「彩が名前に付く人は不幸になる」というものがあります。

 

過去AKB48には数多くのメンバーが在籍した関係で、比較的名前に使われやすい「彩」が付くメンバーは当然いました。

 

ところが「彩」が付いているメンバーの多くは脱退したり不祥事で解雇されたりといった、不幸に見舞われているのだとか。

 

その一例を以下に挙げてみますね。

 

  • 上村彩子・・・わずか2ヶ月で脱退
  • 梅田彩佳・・・疲労骨折で1年離脱
  • 菊池彩香・・・恋人とのプリクラ流出で解雇
  • 林彩乃・石井彩夏・伊藤彩夏・・・3人続けて連続脱退
  • 山内彩花・・・NMBに在籍も早期脱退

 

ここまで「彩」が付くメンバーに不幸が起こるのは、偶然なのでしょうか? それとも…。

 

 

5:メンバーにまつわる不思議な噂

 

akb48 都市伝説

 

AKB48は新曲を販売すれば、シングルチャートで1位を必ずと言って良いほど獲得しており、世間でかなり注目を集めています。

 

テレビへの露出も多くCMやバラエティなどに起用されたりと、1人1人がそれぞれのフィールドで活躍しているのです。

 

そんなAKB48のメンバーは個性豊かな面々が揃っており、不思議が噂なども広がっています。

 

たとえば、AKBグループの総監督という立場であった「高橋みなみ」は、身長が148cm、体重が48kg、誕生日が4月8日だからAKB48に入れたのだとか。

 

また、まゆゆこと「渡辺麻友」は、単三電池4本で動いており、なっちゃんがメンテナンス担当とのこと。

 

 

6:総選挙26位メンバーには不幸が起きる

 

akb48 都市伝説

 

AKB48は毎年総選挙を実施しており、国政選挙さながらの人気ぶりです。

 

総選挙で順位が決まりますが、26位に選ばれたメンバーは手放しで喜べない怖い都市伝説が噂されています。

 

26位に選ばれた人が、偶然か必然か不明ですが、必ず不幸なことが起こっているのです。

 

第1~3回目まで26位だった「平嶋夏海」は男性とのツーショット写真が流出し、解雇となりました。

 

どうして26位なのかは不明ですが、ファンの間では「秋元氏の怨念では」といったプロデューサーの祟り説が支持されているようです。

 

この祟りが何を意味しているのか、それが26位とどのような関係があるのかについては謎に包まれています。

 

 

いかがでしたか?

 

衰えを見せないAKB48にまつわる都市伝説の中でも、特に有名な6つを紹介しました。

 

幽霊がいたり、メンバーが1人増えていたりと、ちょっと怖い都市伝説が多いのが特徴ですね。

引用元:http://cityregendxxx.com/entry107.html

-未分類