スゴイ速報!

Just another WordPress site

未分類

実は、、、海老蔵浮気?乳癌の8割で性生活再開の実態 麻央は?

実は、、、海老蔵浮気?乳癌の8割で性生活再開の実態 麻央は?

海老蔵 浮気は正当化されないゾ!

小林麻央さんのブログに性生活に関する記述がないのではっきりしたことは分かりませんが、ひとつ心配なことがあります。

海老蔵さんは麻央さんのことを常に気にかけており、意外に良い旦那だと印象を改めたという人もいるでしょう。しかし、彼も男。きれいごとばかりは言っていられない。やることはやってるんじゃないの?といううがった見方もできます。実際、海老蔵さんの浮気の噂が絶えないのです。11月14日発売の週刊現代の次のタイトルも気になりますよね。

市川海老蔵「京都・祇園で女性問題」~お相手は超売れっ子の舞妓さん~

この報道については最後にふれるとして、気になるのは、海老蔵さんが仮に浮気をしていても「仕方がない」という意見が幅をきかせていることです。歌舞伎をはじめ芸事の世界には、「芸のこやし」という言葉もあり、よその女性との関係に寛容な文化が昔はあったようですけども、現在では当然のことながら許されませんよね。

もうひとつ、一見もっともらしい理由に、麻央さんが闘病中で「性生活が不可能だから仕方がない」という意見があります。妻が無理なら、よその女性に手を出しても許されることにはならないはず。そして、何より重要なことは、乳がんの闘病中だったり、手術後だったりしてもセックスは無理ではないという事実です。残念ながらこのことはあまり知られていません。

ここでは、「麻央さんがあんな状態だから、海老蔵さんが浮気するのも仕方がない」という見方を全力で否定することにしましょう。

浮気報道のストレスが喉に来たということはないでしょうか

麻央 喉の痛み…甲状腺がんの心配はある? ない?

2016.11.16

海老蔵 浮気を許してはいけない理由…乳がん手術後の8割以上がセックス可能!

乳がんは命に係わる大変な病気です。そんなときに呑気に性生活の心配などしている場合ではないと思われるでしょうか? 入院中だとか、病状のすぐれないときなら確かにそうです。ただ、乳がん患者と家族にとって、乳がんであることは日常の一部です。日々、そのようなかたちで生活する中で、3大欲求を求めるのは自然なことなのです。

厚生労働省の若年乳がんHPには乳がん患者の性生活についてかなり具体的に記されています。まず、乳がんの手術をした人のなかで、どれくらいの人がセックスを再開しているかを見てみましょう。

術前からセックスレスだった人を除外し、手術から1年以上が経っている85名の内、性行為を再開した人は73人(85.9%)でした。
ただ、元通りというわけにもいかないようで、次のような結果になっています。

・性行為を再開したが頻度は減少…50.6%
・手術をする前と同様に性行為…25.9%
・手術前よりむしろ増加した…7.1%
・手術後に性行為を再開していない…14.1%

このように、性行為は再開できても頻度が減少したという人が約半数にのぼります。乳がん手術後のセックスは難しい問題をかかえていることは事実ですが、まずは可能であるということが重要です。

浮気防止! 乳がん手術後の性行為のポイント

乳がんの手術をしてもセックスは可能であり、実際大多数の人がそうしています。ただし、注意すべきこともあります。

・抗がん剤治療で白血球が減少している時期は控えるべき
・抗がん剤の副作用で倦怠感や嘔吐があるときは性欲が減少するので、戻るまで待つべき
・抗がん剤治療やホルモン療法で卵巣機能が抑えられて性交痛が出るようなら主治医に相談

小林麻央さんは11月12日のブログで、現在は抗がん剤を止めており1週間を通じてある程度調子が良いとしています。
少なくとも抗がん剤の影響で性行為を控えなければいけない理由はないと思われます。

一層重要なのは心理的要因かもしれません。前述の厚生労働省HPによれば、乳がん手術後に性行為を再開した73名全員が「何らかの変化があった」と答えたそうです。主な訴えは次の通りです。

・以前より性生活への関心が失せた
・服を脱ぐことに抵抗がある
・以前ほど性的快感が得られない
・胸部を圧迫されると苦痛
・性交痛がある
・手術創のあたりを触られると不快

 

-未分類

固定ページ: 1 2