スゴイ速報!

Just another WordPress site

未分類

キレイになったKABAちゃんがAVデビューに興味あり?

キレイになったKABAちゃんがAVデビューに興味あり?

性転換後のKABAちゃんがキレイと話題に!

女性になったKABAちゃんのネクストステージとは?

オネエキャラとして様々なバラエティ番組に出演していた、振付師のKABAちゃんこと椛島一華、旧永次。
はるな愛やIKKOなどとともにお茶の間を沸かした。
そんなKABAちゃんが本物の女性になりたいと性転換をする決意を固めた。
かつて共演していたはるな愛(大西賢示)も性転換をしていたことから、何らかの情報を仕入れていたのではないだろうか?
ようやく女性になれたKABAちゃんが見る度にキレイになってると話題になっているのだ。
しかも、身体だけではなく声帯まで女性にした。
声は高くなり完全に女性に変貌をとげたKABAちゃんが衝撃の発言をしたのだ。
google imghp (50214)
性転換後のKABAちゃん
via google imghp
google imghp (50215)
はるな愛こと大西賢示!
顔でかいな・・・KABAちゃんもね!
via google imghp

何に触発されたのかAV出演オファーは受けるかも?

2016年8月25日に戸籍の性別を男性から女性に変更したKABAちゃん。
その女性KABAちゃんが7日の深夜、MBSで放送された「明石家電視台」に出演した。
女性になった後、ナンパされたことや、AVに出演にも興味があるなどを明かして話題になっている。

KABAちゃんは鼻や頬骨などの整形手術や3月にタイで受けた性別適合手術など、全身工事費が1千万を超えたことをこれまでに明かしていたが、この日はそのうちの性別適合手術が通訳代も込みで150万円、女性の声に変える声帯手術が30万ほどかかったことを打ち明けた。

胸も大きくなり、鼻も細く高く、目も大きくなり、すっかり椛島永次から「椛島一華(かばしま・いちか)」として生まれかわったKABAちゃん。
女性になった後、日傘にマスク姿で表参道を歩いている時は

ナンパされた。
スカウトされて、「映画とかお芝居に興味ないですか?」って言われちゃった!
と告白。

そのときKABAちゃんは素性がバレると恥ずかしいから断ったが、司会の明石家さんまから「変な事務所やったら、AV出させられるで」と忠告を受けると、「でも興味なくはないわけ」と嬉しそうだった。

坂口杏里で恐怖心を植え付けられた人には手が出せないだろう。

 

最近、高橋しょう子や坂口杏里と言った芸能人がAVにデビューするということが話題になっていたが、それはあくまでも女性芸能人の体がどれくらいキレイか?など興味本位で見る一定数の人がいたから話題になっただけで、性転換したりいわゆる工事費用を多くかけてもKABAちゃんの裸に興味がある人間はそうはいないだろう。

何と言っても女性との違いは骨格だ。
骨格が違うといくら部位は女性に近づけても全体像でぼやけてしまう。
さらに言うなら手だろう女性と男性のぱっとみ一番目につくのは手なのだ。
女性の手と男性の手は明らかに違う。
お太りあそばれている方以外の女性の手は細くてスラーと長いか、可愛らしく小さいと言ったところだろう。
しかし、男の手は細くてもスラーとは行かず血管が出やすくゴツい感じになってしまうのだ。
さすがにAVデビューをしたところでKABAちゃんは楽しいかもしれないが、相手役の男優さんが可哀想だ。

google imghp (50240)
元グラビア四天王と言われた高橋しょう子
via google imghp
google imghp (50247)
元カレがバイキングの小峠だった、坂口杏里!
via google imghp
今年で47歳を迎えたKABAちゃん、どうあってもこの年齢はキツイだろう。
さらに女性になってからはメディアへの露出が少なくなってきた。
確かにブームが一時期続きその後終息していったが、とんねるずや関西のお笑い芸人の方たちから重宝されてきた覚えがある。
しかし、声帯手術までしてしまったことが響いたのか高いあの声を不気味に思う人達からのクレームが殺到。
テレビ局側も使いにくくなってしまった。
声事態はその後、低くなり落ち着いていくということだがその頃には出演する番組がなくなってしまうのではないかと心配する声も聞かれる。

これを知ったネットでの反応は?

今年一番怖かった

誰がみるねん(笑)

坂口杏里より興味がある

ナンパも見た目にインパクトがありすぎるから使えると思ったんだろう

しみけんスタンバイ

このネットの反応を見たら意外に肯定派と否定派が分かれていることに驚いた。
これいかに?
もしかしたら、日本には意外とそっちのほうが好きというセクシャルマイノリティーの方々がいるのだろう。
今、日本では13人に1人の割合でこのセクシャルマイノリティーがいると言われているくらいだ。
先進国の多くが同性結婚を肯定して法整備も済ましているにも関わらず日本はまだまだそういった点が甘いし進められていないのが現状だ。

さらにもし結婚に行き着いたとしても、子供を持つことができない。
里親に申請仕様にも男女の夫婦でなくては規定外ということではねのけられてしまうということがあり、子供を持つことができないというのだ。
昨今、同姓愛に対するイジメが社会現象にもなってきたがこれを公に報道しないことが多くある。
こういった隠れた差別を無くす先頭に知名度のあるKABAちゃんが立てば世間も注目してくれて、世間の考えも少し変わって来るのではないか?
セクシャルマイノリティーの人たちの助けになって欲しい。

 

引用元:https://geinou-news.jp/articles/kaba%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93-av%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC-%E8%88%88%E5%91%B3%E3%81%82%E3%82%8A

-未分類