スゴイ速報!

Just another WordPress site

未分類

大阪王将の新メニュー『うなぎ炒飯』のルックスがヤヴァイ!

大阪王将の新メニュー『うなぎ炒飯』のルックスがヤヴァイ!

餃子といえば「餃子の王将」だが、「大阪王将」も忘れてはいけない。どちらも、おいしい餃子や中華料理を安く食べられる庶民の味方である。さて、そんな「大阪王将」であるが、結論を急ぐと非常にヤヴァイ新商品を発売してしまったようだ。

何がヤヴァイのかというと、そのルックスがヤヴァイ。炒飯なのに上にうなぎが乗っており、まあその時点で十分ヤヴァイのだが、そのうなぎの存在感がさらにヤヴァイのである。話が見えてこないと思うが、1つだけ言えるのは、その新商品がとにかくヤヴァイということだ。

・『うなぎ炒飯』とは何なのか?

本来、大阪王将は餃子専門店である。それ以外のメニューも充実しているものの、基本は中華料理屋のはず。しかし、2017年7月11日から期間限定で発売となった『極上うなぎ炒飯』なる新メニューは、一応は中華だが明らかに様子がおかしい。だって、うなぎはおかしいだろう。

そのヤヴァさを味わうため、現場である大阪王将へと駆け付けた私(あひるねこ)。『極上うなぎ炒飯』にはうなぎが半身の並盛(税込970円)と、特盛(税込1580円)の2種類がある。なにやら特盛からヤヴァそうな気配を感じたため、ここは迷うことなく特盛をチョイス!

・ヤヴァすぎるルックス

そしてついに登場した『うなぎ炒飯』なのだが……な、なんやこれェェェェェエエ! デケぇぇぇぇえええ!! 見た目はハッキリ言って、炒飯にうなぎが乗っているだけでそのまんまである。しかし、うなぎのスケール感が尋常ではない。これは想像以上にヤヴァイやないか!

皿の端から端までを横断する勢いで、炒飯を覆い隠さんとするうなぎ。長さだけではなく、横幅もかなりのサイズだ。その威風堂々とした佇まいは、もはや龍。龍が如く。神龍(シェンロン)と言ってもいいだろう。願いを1つ叶えてくれそうな神々しさに溢れている。

・果たしてウマいのか?

ルックスがヤヴァイのはわかったが、味の方はどうなのか? きっと多くの人は、うなぎがマズくないか気になっていることと思う。安心してほしい。私も、安いうなぎによくあるブニブニとした食感だったら嫌だなぁと思っていたのだが、フワッと柔らかくてびっくりするほどウマいのだ。

・うなぎと炒飯が合体した結果

 

-未分類

ページ: 1 2