スゴイ速報!

Just another WordPress site

未分類

乃木坂46&欅坂46には学生時代、非リア充が多かった…西野七瀬・白石麻衣・平手友梨奈・長濱ねる等

乃木坂46&欅坂46には学生時代、非リア充が多かった…西野七瀬・白石麻衣・平手友梨奈・長濱ねる等

いじめポスターにも使われている乃木坂46

学校にまいやんとななせまる2人のいじめのポスターみたいなやつ貼ってあるの初めて知った

今日学校に言ったら、いじめ防止のポスターに、ななせまるとまいやんがいた! 二十秒は固まったよ

乃木坂のいじめポスターは貰いに行きますどこまでも……。 香住の人ごめんけど他をあたってね……。 pic.twitter.com/PCdOP1sU8d

. 学校に貼られてる いじめポスターが 「命は美しい」から「今誰」に 変わるので、城南か島本で 貰います。←願望 まいやん写ってるし神 . pic.twitter.com/0hkpUx629Z

そんな乃木坂46のメンバー達は実は学校になじめなかったメンバーが多い…

初期のころセンターとして乃木坂46の顔となった生駒里奈は学校になじめずに乃木坂46のオーディションを受けていた…

高校に通っていた当時、自身の立ち位置をスクールカーストで言えば最底辺だったと振り返っている。クラスのにぎやかな集団にちょっかいを出されていた。

当時を振り返り、「アイドルになりたくてやったわけじゃなくて、学校に行きたくなくって、学校、キライで」とも。受かるわけがないと考えていたものの、結局は合格となったという。

見返してやるぞ、という気持ちがけっこう原動力なんで。充実した学校生活を送っていた人間に対して、どうだ、こんな私でも頑張って来たんだぞというのを見せて、見返したかったので。

それができたから、ああ、もうOKって思って。「今までありがとう」って心の中で言って来ました。儀式ですね。昔のことはそこで全部切り離して来ました。

現在大人気の西野七瀬は大人しい性格で部活になじめず部活を辞めていた…

子供の頃から「コミュニケーションをとるのが苦手で、友達を作るのが苦手だった」という西野。

中学時代は「女の子同士特有の付き合いとか、面倒くさい関係が嫌やった」という理由でバスケ部をやめている。

お母さんの言葉で、西野さんが幼い頃から大人しい子供だったこと、乃木坂46のオーディションもお母さんに薦められるまま受けたことが語られる。

女性にも大人気のなりたい顔№1の白石麻衣はいじめで地元の高校に行ってなかった…

ドキュメンタリー映画「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」内のインタビューでも、「女子テニス部が敵だった」と語っている。そのイジメが原因で中2の後半から不登校気味となっていたよう

目立つ、ウザい、態度が気に喰わないという理由で昼時に廊下にグループから呼び出し。持ち物が紛失したり嫌がらせ電話やメールなんかしょっちゅうだったそう

まわりからの嫌がらせを受け、それをきっかけに学校に行くことが嫌になったという。地元・群馬の高校には進学せず。母親と2人で埼玉に引っ越し、埼玉の女子校に通うことになった。

このインタビュー感動した。いじめのようなものを乗り越えて乃木坂に入り、引っ張っていく存在となっている事。この話を聞いた後だとメンバーと楽しそうにしているのもどこか切なく感じる。まいやんがより一層好きになるインタビューだった。mdpr.jp/interview/1462…

乃木坂2期生で元気印の北野日奈子は意外にもいじめられていた…

『私、すごいいじめられっ子なんです。最初は通りすがりに悪口を言われるくらいだったんですけど、ヘラヘラしていたら、どんどんエスカレートしてしていって...。

二週間に一回は机に「死ね」ってマジックペンで書かれたり、新品の靴に砂を大量に入れられたり...。』

北野日奈子さん自身も、SNSでファンの「高校生活中学より楽しかった?」という質問に答えて、「中学はちょっと学校生活が大変だったから……高校の方が楽しい!」と答えていた

@ErikaStyle46 いじめらてもヘラヘラしてたらもっといじめられたという経験があるけど 今もみんなに笑顔振りまいていて ダンスは上手くなかったけど必死に練習して 明らかに上手くなってきた北野日奈子ちゃんは今みといた方がいいと思うんですよ ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

返信リツイートいいね

実は乃木坂46の妹分の欅坂46も学校になじめなかった人が多かった…

欅坂46のセンター平手友梨奈は学校では自分を出せていなかった…自分を変えるために欅坂46に加入していた…

彼女にはアイドルとしてやっていくという並々ならぬ決意を感じます。『私は人気者になってチヤホヤされたくてアイドルになったわけじゃない。自分を変えたくてアイドルになった』と語っている。

自分を変えるために欅坂46のオーディションを受けたことをファンに伝え「私に変わる勇気をくださった白石麻衣さんや生駒里奈さんのような存在になりたいです。」と誓った。

学校にいるときの私は家にいる時のように自分を出せなくて、そんな自分があんまり好きじゃなかったんです。

でも本当の私の性格は明るいほうだと思っているので、その明るさをちゃんと前に出して、誰かを勇気づけられるような存在になりたいなと。

長濱ねるは島育ちで元気だったが引っ越して大人しくなってしまった…しがらみから逃げ出したくて欅坂46を受けていた…

五島列島の出身なんです。島にいたころは、釣り、木登り、秘密基地、みたいな生活をしてたんですけど、小1で街に引っ越してみたら、『島とは違うんだ……』って思うことがあって。

自分を出したら嫌われるし、女子同士の嫉妬とかもあるじゃないですか。それでだんだん心を閉ざすようになって、ひとりの世界にひたる子になりました

言い方が難しいんですけど、オーディションを受けたきっかけが「アイドルになりたい」というより、いろいろなしがらみから現実逃避したいという気持ちがあって。

小池美波は嫌な時に勇気づけてくれた乃木坂46に憧れて欅坂46に

小池「もともとひとりでいるのが好きなので、友達と外に遊びに行くよりも、自分の部屋にこもってるタイプだし」。

「学校へ行くのがつらい時期があって、その時にたまたま乃木坂46さんの『君の名は希望』を聞いたんです。歌詞にすごく支えられて、

「笑顔や歌声に元気づけられて。私も昔の私のように悩んでる人を元気づけられる存在になりたいと思いました」

小林由依は人見知りなコミ障…そんな自分に憧れれてほしくて欅坂46に

人見知りでお喋りすることがあまり得意ではない

人見知りな上に、コミュニケーション能力が低いので、友だちも少なく、休みの日はお昼頃に起きて、ひたすらスマホゲームをするような、面白みのない生活を送っていました。

普通な私ですが、乃木坂46さんに憧れていたように、いつか私も誰かから憧れてもらえる存在になりたい

引用元:https://matome.naver.jp/odai/2146047468725122701

 

-未分類