スゴイ速報!

Just another WordPress site

未分類

秋篠宮家・眞子さま婚約相手の小室家バッシングの背後に何があるのか

秋篠宮家・眞子さま婚約相手の小室家バッシングの背後に何があるのか

週刊誌で相次ぐ小室家バッシング報道(筆者撮影)

嫌な感じが拭えない。秋篠宮家の眞子さまの結婚をめぐって、婚約者である小室圭さんの家庭をめぐるバッシングが週刊誌で相次いでいる。皇室タブーを打ち破る試みであれば賛同するところだが、どうも一連のバッシングはその逆であるように見えてならない。

今回の一連の報道のきっかけは『週刊女性』12月26日号「眞子さま嫁ぎ先の“義母”が抱える400万円超“借金トラブル”」だった。「借金トラブル」とは、小室圭さんの母親に対して、彼女の元婚約者男性が、婚約解消を機に、それまでに渡したお金を返してほしいと言っているという話だ。男性は貸した金だというのだが、小室さん母子は借りたものではないと主張しているらしい。

婚約していた時期には男性は小室母子と家族同然の関係で、彼は圭さんの留学費用などを出していたらしい。圭さんは小さい頃父親を亡くし、母子家庭で育ってきた。決して裕福ではなかったのだろう。

貧しい中で息子を育て、その子が成長して皇族を嫁に迎える。書き方によっては美談になるところだが、この間の週刊誌報道はほとんど、小室家が貧しいことをネガティブに伝えるものだ。しかも元婚約者から小室家にお金がいつ幾ら渡されたか詳細に公開している。『週刊女性』には銀行振り込みの明細まで掲載されていた。

そして結納に当たる「納采の儀」が迫ってきたこの時期、『週刊文春』2月1日号「秋篠宮家眞子さま婚約者小室圭さんの憂い」、『週刊新潮』2月1日号「『海の王子』母親の430万円『援助交際』トラブル」と、同じ情報源によると思われる報道が続いている。

気になるのは、そうした報道が、もっぱら小室家は眞子さまの嫁ぎ先としてふさわしいのか疑問を呈するという印象になっていることだ。『週刊新潮』には、皇族の配偶者の家族にも品位が必要だというコメントも掲載されている。

しかも同誌の見出し「母親の430万円『援助交際』トラブル」には驚いてしまう。

-未分類

ページ: 1 2