小保方晴子の画像

かつて、STAP細胞の研究者として話題になった小保方晴子さんですが、しばらくは公の場に姿を表さず、現在は何をしているのか?という疑問も数多く挙がっていました。

ですが、先日「婦人公論」に久々に登場したのですが、その顔が以前とは少し違うと話題になっているのです。

久々に公の場へ

小保方晴子さんの、顔が変わったと報じられたのは、2018年3月29日のことでした。

 STAP細胞問題でかつて騒動になった元理化学研究所研究員の小保方晴子さん(34)が、久々にメディアに露出し、ネット上で話題になっている。

ロングヘアの小保方さんが、胸に赤いリボンを付けたような白いワンピースを着て、カメラにポーズを取っている。

「婦人公論」2018年4月10日号(首都圏など3月27日発売)に掲載された写真だ。小保方さんは、17年の新年号から1年余り「小保方晴子日記──『あの日』からの記録」を連載しており、今回は久々にその姿を見せた。

この写真は、婦人公論の公式サイト上にある注目記事コーナーにも載っている。

それによると、小保方さんが公の場に姿を現したのは、婦人公論16年6月14日号で作家の瀬戸内寂聴さん(95)との対談に登場して以来。小保方さんは、連載に書き下ろしを加えた単行本『小保方晴子日記』を3月22日に中央公論新社から出しており、今回の記事「今日を生きることにもう迷いはありません」では、本を出すに至った心境を告白している。

小保方さんは、騒動以来長らく「あの日」に留まって、つらい日々を過ごしたという。連載当初は、厳しい批判も受けて悩んだというが、連載を続けることで吹っ切れたとして、記事の中でこう明かした。

「『あの日』の中にいた私を開放してくれたのは元気です、と迷いなく言えるようになりました。今日を生きることに迷いがなくなったのです」

ふっくらした頬だった以前の面影は薄く…
今回の婦人公論に載った写真では、小保方さんは、ふっくらした頬だった以前の面影が薄く、顔もほっそりとして少しやせたような様子だ。濃い目のメイクなどでお嬢さま風の雰囲気を出しており、ツイッター上などでは、小保方さんの顔が別人のように変わったとの書き込みが相次いでいる。

「小保方さんめちゃ垢抜けている、、」
「街ですれ違ってもわからん」
「か、かわいい…」
「小島慶子?」
「松たか子っぽい」……

騒動があっただけに、メディア露出に批判的な声が出たほか、

「小保方さんの顔はSTAP細胞で変わったんだよ」
「自分が夢の若返りを手にしたんだね!」

とネタにする向きもあった。

小保方晴子について

小保方晴子の画像

出典:dot.asahi.com

【名前】:小保方晴子

【読み方】:おぼかたはるこ

【出身】:千葉県松戸市

【生年月日】:1983年9月25日

【年齢】:34歳(2018年3月現在)

【出身高校】:東邦大学付属東邦高等学校

【出身大学】:早稲田大学理工学部

 

千葉県松戸市生まれの小保方晴子さんは、幼少時代から研究者を志していたそうです。

早稲田大学の理工学部卒業後は、東京女子医科大学の研修生となり、再生医療の研究を開始。

早稲田大学大学院では、生命医科学を専攻し、博士号を取得。

 

理化学研究所の研究員となり、2013年3月に30歳の若さで研究ユニットリーダーに就任し、細胞リプログラミングの研究を開始すると、万能細胞とされる「STAP細胞」を2014年1月に発表している。

しかし、提出された論文の画像が不正なものだったことや、200回以上成功しているとされた研究が、一度も再現できなかったことで「STAP論文」は撤回され、以後、表舞台から姿を消している。

現在はなにをしている?

STAP論文の撤回から3年が経過した現在、小保方晴子さんは何をしているのだろうか?

噂では、一連の騒動が原因で精神的に病んでおり、自宅に引きこもっているという情報があります。

ですが、実際にはアメリカに居住地を移しており、その生活のほとんどをアメリカで過ごしているのだそうです。

 

仕事について何をしているのか気になるところですが、現在何かしらの仕事をしているという情報はありません。

久しぶりに公の場に姿を現した「婦人公論」の記事内では

「今日を生きることにもう迷いはありません」

引用:婦人公論

と語っており、かつては生きることをためらうことがあったことを示唆しています。

2018現在の画像